反骨の言論人

長谷川如是閑, 石橋湛山, 小汀利得, 小林勇 著

戦前、戦後を通じ、日本の言論界に多大な影響を与えた反骨のジャーナリスト。金解禁反対、新書創刊、自由と民主主義の追求…。権力に異を唱え、世間に媚びなかった彼らの生涯は、現代を生きる我々に何を語りかけるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の履歴書 長谷川如是閑(明治の性格(上)花開いた庶民の生活
  • 明治の性格(下)観念より行動の文明 ほか)
  • 私の履歴書 石橋湛山(生いたち-日蓮宗法主の息子
  • 小、中学時代-お坊ちゃんから悪童へ ほか)
  • 私の履歴書 小汀利得(郷里出雲-モッサリした伝説の町
  • 家系-働き者、偉かった母 ほか)
  • 私の履歴書 小林勇(生まれ故郷
  • 軍人志望-父の反対 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反骨の言論人
著作者等 小林 勇
小汀 利得
石橋 湛山
長谷川 如是閑
書名ヨミ ハンコツ ノ ゲンロンジン
書名別名 Hankotsu no genronjin
シリーズ名 私の履歴書
日経ビジネス人文庫
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2007.10
ページ数 389p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19419-2
NCID BA83425226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21301568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想