「知の創造」の進化システム : 原型としてのインターネット空間

丸田一 著

「知」とは、多くの人間のために、多くの人間によって創りだされる、多くの人間の知識である。本書では、"多くの人間"を"コミュニティ"と読み替えて、「知の創造」を考えていく。「知」を創りだす固有の仕組み「知の創造パターン」を、それぞれのコミュニティが備えているが、「知」は「知の創造パターン」の構造そのものを変容させることや、まれにはコミュニティの根本的な秩序を変えてしまうこともある。こうした「知」や「知の創造パターン」の影響力に着目して、コミュニティの歴史を見直していく。そして、「IT革命」といわれる情報化に関する技術(通有技術)がもたらした現在の社会変化は、はたして革命と呼ぶような人類史の一大変革となるのだろうか。こうした疑問にも答えていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 進化するコミュニティ
  • 第2章 コミュニティ・モデルの進化システム
  • 第3章 コミュニティ・モデルの発展史
  • 第4章 現在(第3期成熟期)の情報化(通有技術革新)がもたらす社会変化
  • 第5章 通有技術の成長パターン
  • 第6章 第4期コミュニティ・モデル
  • 第7章 コミュニティ・モデル通史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「知の創造」の進化システム : 原型としてのインターネット空間
著作者等 丸田 一
書名ヨミ チ ノ ソウゾウ ノ シンカ システム : ゲンケイ ト シテノ インターネット クウカン
書名別名 Chi no sozo no shinka shisutemu
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.6
ページ数 168p
大きさ 22cm
ISBN 4492222006
NCID BA52299579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想