やぶれさる探偵 : 推理小説のポストモダン

ステファーノ・ターニ 著 ; 高山宏 訳

ポストモダンの一形式としての反‐探偵小説について。『薔薇の名前』他の作品を手がかりに、その可能性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 探偵小説の発展、そして反‐探偵小説の出現
  • 2 反‐探偵小説を定義する
  • 3 革新的な反‐探偵小説(レオナルドシャーシャ『人にそれぞれのものを』
  • ジョン・ガードナー『太陽の対話』
  • ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』)
  • 4 脱構築的な反‐探偵小説(レオナルド・シャーシャ『あらゆる点で』
  • トマス・ヒンチョン『競売ナンバー四十九の叫び』
  • ウィリアム・ヒョーツバーグ『堕ちる天使』 ほか)
  • 5 メタフィクショナルな反‐探偵小説(イータロ・カルヴィーノ『冬の夜のひとりの旅人が』
  • ウラジーミル・ボコフ『青白い炎』)
  • 6 探偵は自由の身に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やぶれさる探偵 : 推理小説のポストモダン
著作者等 Tani, Stefano
高山 宏
ターニ ステファーノ
書名ヨミ ヤブレサル タンテイ
書名別名 The doomed detective

Yaburesaru tantei
出版元 東京図書
刊行年月 1990.7
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 4489003315
NCID BN05155327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想