シャーロック・ホームズが誤診する

パスクァーレ・アッカード 著 ; 高山宏 訳

およそマニア的な拘泥とは対照的に文化、文明論の現在を見すえる大きなスケールで『シャーロック・ホームズ』を論じた構成といい、文体といい、余り例を見ないタイプの本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序-割り出し人事件
  • 第2章 シャーロック・ホームズ正典の神話的構造-叙事詩、サーガ、中世ロマンス
  • 第3章 医学のモデル
  • 第4章 文学的な祖型
  • 第5章 一般捜対性理論-科学のセンスとノンセンス
  • 第6章 特殊捜対性理論-シャーロックホームズの症候学
  • 第7章 ワトソンの書-不確定性の友情
  • 第8章 結論-推理の統一場理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャーロック・ホームズが誤診する
著作者等 Accardo, Pasquale J
Accardo, Pasquale J.
高山 宏
アッカード パスクァーレ
書名ヨミ シャーロック ホームズ ガ ゴシンスル
書名別名 Diagnosis and detection

医学/推理/神話

Sharokku homuzu ga goshinsuru
出版元 東京図書
刊行年月 1989.1
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4489002777
NCID BN0336703X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89023405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想