タイタス・クロウの帰還

ブライアン・ラムレイ 著 ; 夏来健次 訳

霊能力者タイタス・クロウとともにクトゥルー眷属邪神群の襲撃に遭い、以後十年に亙り行方不明となっていたアンリ・ド・マリニーが半死半生の姿で発見された。二人は四元に逃れたが、混乱のさなかに生き別れたのだ。だがついにクロウも、親友アンリの呼び声に導かれて帰還を果たす。時空の狭間を旅し、人智を超えた力を身につけた彼が、アンリに伝えた旧支配者誕生の真相とは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タイタス・クロウの帰還
著作者等 Lumley, Brian
夏来 健次
ラムレイ ブライアン
書名ヨミ タイタス クロウ ノ キカン
書名別名 The transition of Titus Crow

Taitasu kuro no kikan
シリーズ名 タイタス・クロウ・サーガ
創元推理文庫
出版元 東京創元社
刊行年月 2008.11
ページ数 390p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-488-58903-5
NCID BA9032237X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想