ヒュペルボレオス極北神怪譚

クラーク・アシュトン・スミス 著 ; 大瀧啓裕 訳

邪神シァトッグアが地底に潜み、魔物が跋扈する超古代大陸ヒュペルボレオス。栄華を誇る首都コムモリオムが放棄されるまでの奇怪な顛末を描く「アタムマウスの遺書」、異端の魔術師エイボンと宿敵の対決が思わぬ結末を迎える「土星への扉」他、アトランティス最後の島ポセイドニスの逸話も併載する。『ゾティーク幻妖怪異譚』に続き、美と頽廃の詩人による23の綺想を収める傑作集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒュペルボレオス極北神怪譚
著作者等 Smith, Clark Ashton
大滝 啓裕
大瀧 啓裕
スミス クラーク・アシュトン
書名ヨミ ヒュペルボレオス キョクホク シンカイタン
書名別名 The Muse of Hyperborean.[etc.]
シリーズ名 創元推理文庫 541-03
出版元 東京創元社
刊行年月 2011.5
ページ数 446p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-488-54103-3
全国書誌番号
21943864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アウースル・ウトックアンの不運 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
アタムマウスの遺書 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
アトランティス 最後の呪文 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
アトランティスの美酒 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
ウッボ=サトゥラ クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
サタムプラ・ゼイロスの話 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
サダストル クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
スファノモエーへの旅 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
ヒュペルボレオス ヒュペルボレオスのムーサ クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
マリュグリスの死 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
マルネアンでの一夜 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
七つの呪い クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
三十九の飾帯盗み クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
二重の影 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
土星への扉 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
地図にない島 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
幻夢郷綺譚 始原の都市 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
斬新多彩な神話群 大瀧啓裕
月への供物 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
柳のある山水画 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
歌う炎の都市 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
氷の魔物 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
白蛆の襲来 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
皓白の巫女 クラーク・アシュトン・スミス, 大瀧啓裕
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想