第三帝国の興亡  5 (ナチス・ドイツの滅亡)

ウィリアム・L.シャイラー 著 ; 松浦伶 訳

1944年6月、ノルマンディー上陸作戦開始。同年8月、4年ぶりにパリが解放される。連合軍の快進撃の前にドイツ軍は崩壊し、1945年春、ついに首都ベルリンが包囲される。運命の4月30日は目前に迫っていた-。征服した国の人々の奴隷化とユダヤ人の大量虐殺は、どのように進められたのか。幾度も計画されたヒトラー暗殺計画が、ことごとく失敗した理由とは。そして、第三帝国は世界に何を残したのか。膨大な資料と豊富な取材経験を駆使してナチス第三帝国の全貌を描き上げる、第一級の歴史ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5部 終わりのはじまり(「新秩序」
  • ムッソリーニの失墜
  • 連合軍の西ヨーロッパ侵攻とヒトラー殺害の企て)
  • 第6部 第三帝国の滅亡(ドイツの征服
  • 「神々の黄昏」-第三帝国最後の日々)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第三帝国の興亡
著作者等 Shirer, William L.
Shirer, William Lawrence
松浦 伶
Shirer William L.
シャイラー ウィリアム・L.
書名ヨミ ダイサン テイコク ノ コウボウ
書名別名 The rise and fall of the Third Reich

ナチス・ドイツの滅亡

Daisan teikoku no kobo
巻冊次 5 (ナチス・ドイツの滅亡)
出版元 東京創元社
刊行年月 2009.4
ページ数 438, 31p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-488-00380-7
NCID BA89768906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21582333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想