ビザンツ帝国史

尚樹啓太郎 著

[目次]

  • 第1部 初期(キリスト教ローマ帝国の形成
  • 五世紀の東ローマ帝国
  • ローマ帝国復興の試みとその崩壊
  • 初期ビザンツの社会と文化)
  • 第2部 中期(帝国存続のための戦い
  • イコン破壊運動の時代
  • 中期ビザンツの盛時
  • 11世紀後半の混乱 ほか)
  • 第3部 後期(コンスタンティノープル陥落後のバルカン・小アジアの諸勢力
  • ニケア帝国の興隆
  • パレオロゴス朝
  • 後期ビザンツの社会と文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビザンツ帝国史
著作者等 尚樹 啓太郎
書名ヨミ ビザンツ テイコクシ
書名別名 Bizantsu teikokushi
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1999.2
版表示 第1版第2刷
ページ数 1227p
大きさ 22cm
ISBN 4486014316
NCID BA40169317
BA44113303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想