めざせイグ・ノーベル賞傾向と対策

久我羅内 著

「シロップのなかは速く泳げるのか」「フロントガラスに衝突した虫の収集」「ジッパーにペニスがはさまったら」「思春期における鼻くそほじりについて」「もしもバッタが『スター・ウォーズ』を見たら」世界でいちばん奇妙な発見発明に挑戦!?これを読めばあなたも発明王になれる!かも。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • そもそもイグ・ノーベル賞とは何か?
  • 日本の受賞者は意外と多い
  • 傾向と対策1 だれでも疑問に思うのにあえて調べないこと
  • 傾向と対策2 根気があればできる研究
  • 傾向と対策3 意外と下ネタが多い
  • 傾向と対策4 アンケートの実施だけでいけるものもある
  • 傾向と対策5 トンデモ学説はけっこうウケる
  • 傾向と対策6 鳥を対象にした研究が多い
  • 傾向と対策7 意味不明の研究
  • 傾向と対策8 常人の思いつかない発明
  • 傾向と対策9 あまりお勧めできない研究
  • まだまだある!イグ・ノーベル賞
  • 私的エグ・ノーベル賞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 めざせイグ・ノーベル賞傾向と対策
著作者等 久我 羅内
書名ヨミ メザセ イグ ノーベルショウ ケイコウ ト タイサク
出版元 阪急コミュニケーションズ
刊行年月 2008.10
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-484-08222-6
NCID BA87289108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想