レスビアンの歴史

リリアン・フェダマン 著 ; 富岡明美, 原美奈子 訳

女は男に愛されなければ、経済的に支えられなければ、生きてはゆけないのだろうか-フェミニズムの登場以前に、その問いに真摯に立ち向かった女たちがいた。女を人生のパートナーに選んだ女たちである。19世紀末、「ロマンティックな友情」と呼ばれて称賛された女どうしの友情と愛は、性科学の隆盛とともに「変態」の烙印をおされ、"女らしくない"ふるまいはすべて「レスビアン」とみなされるようになる。そして60年代のゲイ解放運動の爆発、レスビアン・セックス論争…。19世紀末から90年代の現在に至る、アメリカ100年の女性愛の歴史。ピューリッツァー賞候補。ラムダブック賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女どうしの愛-20世紀の「ロマンティックな友情」
  • 第2章 蕾に巣食う虫-初期の性科学者たちと女性愛
  • 第3章 小粋なレスビアン-実験と抑圧の1920年代
  • 第4章 荒地にオアシス-1930年代
  • 第5章 裸のアマゾネスと変態娘たち-第二次世界大戦とその余波
  • 第6章 口にするもはばかる愛-マッカーシズムとその遺産
  • 第7章 ブッチ、フェム、カイカイ-1950〜60年代におけるレスビアン・サブカルチャーの創造
  • 第8章 ゲイ革命-1960〜70年代
  • 第9章 「レスビアン・ネーション」に向けて-1970年代の「女と一体化した女」
  • 第10章 レスビアン・セックス論争-1980年代
  • 第11章 バベルの塔からコミュニティへ-現在、そして未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レスビアンの歴史
著作者等 Faderman, Lillian
原 美奈子
富岡 明美
フェダマン リリアン
書名ヨミ レスビアン ノ レキシ
書名別名 Odd girls and twilight lovers:a history of lesbian life in twentieth-century America

Resubian no rekishi
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.11
ページ数 393, 61p
大きさ 22cm
ISBN 4480857338
NCID BN15589888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想