ヴァレリーの肖像

清水徹 著

20世紀最高の詩人・批評家ヴァレリーにおける"ナルシス"のテーマを主軸に、書く主体としてのヴァレリーの肖像を、その生涯の出来事にも触れながら、明晰な論理と透徹したエクリチュールで多面的に描き出す、白熱の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナルシスの出発-初期ヴァレリーの想像的世界
  • 第2章 嵐について-ヴァレリーの危機のころ
  • 第3章 境界について-『ムッシュー・テスト』を中心に
  • 第4章 ある対話について-ヴァレリーとマラルメ
  • 第5章 ふたたび嵐について-『若きパルク』を読む
  • 第6章 ナルシスの変貌-『ナルシス断章』を中心に
  • 第7章 光と暗黒について-『ナルシス"終曲"』と『天使』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァレリーの肖像
著作者等 清水 徹
書名ヨミ ヴァレリー ノ ショウゾウ
書名別名 Vareri no shozo
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.10
ページ数 524p
大きさ 22cm
ISBN 4480838090
NCID BA69003484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20704349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想