江藤淳と少女フェミニズム的戦後 : サブカルチャー文学論序章

大塚英志 著

母を崩さない小説を探した少年は、けれども妻を崩さなければならなかった。母と妻に拘泥し続けた批評家、江藤淳が妻を殴打したのは何故なのか。「仮構の私」「仮構の日本」を求めてやまなかった批評家の困難さに寄り添うべく書かれた最も新しい江藤淳論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 犬猫に根差した思想
  • 第1章 サブカルチャー文学論・江藤淳編(「ツルリとしたもの」と妻の崩壊
  • 「母を崩壊させない小説」を探した少年のために
  • 江藤淳と少女フェミニズム的戦後)
  • 第2章 江藤淳と来歴否認の人々(三島由紀夫とサブカルチャーとしての日本
  • 手塚治虫と非リアリズム的「日本語」の可能性
  • 江藤淳と来歴否認の人々
  • 柳田国男と「家」への忸怩
  • 村上春樹と村上龍の「私」語りをめぐって)
  • 終章 「歴史」と「私」の軋む場所から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江藤淳と少女フェミニズム的戦後 : サブカルチャー文学論序章
著作者等 大塚 英志
書名ヨミ エトウ ジュン ト ショウジョ フェミニズムテキ センゴ : サブカルチャー ブンガクロン ジョショウ
書名別名 Eto jun to shojo feminizumuteki sengo
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.11
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4480823476
NCID BA5464639X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想