東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ

遥洋子 著

知る人ぞ知るケンカの達人・遙洋子が、そのケンカ道にさらに磨きをかけようと、東大・上野ゼミに入門。今、明かされる究極のケンカ道とは?フェミニズムの真髄とは?格闘技としての学問に分け入り、心の中で「ドーン」と音がするほどの感動を味わったタレントの、涙と笑いの抱腹エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教室は四角いジャングル
  • 本物は違う!!
  • 「わからない」という言葉のもつ力
  • 学生たちとの交換条件
  • 美貌と巨乳と学問の価値
  • 「それがわかればしめたもの!!」
  • 賢さに種類があるとすれば
  • 安田講堂がみたもの
  • 構図を叩きつぶす技術
  • 学者はなぜ、打たれ強いか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ
著作者等 遥 洋子
書名ヨミ トウダイ デ ウエノ チズコ ニ ケンカ オ マナブ
書名別名 Todai de ueno chizuko ni kenka o manabu
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.1
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4480818154
NCID BA45378755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想