将棋エッセイコレクション

後藤元気 編

多くの人間をとりこにしてきた奥深いゲーム「将棋」。勝って喜ぶ人、負けて悲しむ人、プロの芸を鑑賞し、楽しむ人。勝敗を争う中に、人の個性と歴史が浮かびあがる。将棋の楽しみは実に盤上に限らない。プロ棋士、作家、観戦記者から、ウェブ上での書き手まで-「言葉」によって、将棋をより広く、深く、鮮やかに楽しむ可能性を開くための名編を厳選収録。文庫オリジナルアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 聖性(中平邦彦)
  • 大山名人と棋譜ノート(越智信義)
  • 名人・木村義雄(宮本弓彦)
  • 愛棋家・菊池寛(倉島竹二郎)
  • 知られざるドラマ(真部一男)
  • 棋聖戦の思い出(福本和生)
  • なっとくなっとく-棋士の引退(湯川博士)
  • 血涙十番勝負-米長邦雄七段戦(山口瞳)
  • 江分利満氏との対局(高橋呉郎)
  • 就位式の敗者(田辺忠幸)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 将棋エッセイコレクション
著作者等 後藤 元気
書名ヨミ ショウギ エッセイ コレクション
書名別名 Shogi essei korekushon
シリーズ名 ちくま文庫 こ46-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.2
ページ数 403p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43140-0
NCID BB14840929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22393326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「対局日誌」より 河口俊彦
「強さ」について 山崎隆之
さようなら、村山聖 鈴木宏彦
なっとくなっとく 湯川博士
まだまだ将棋が強くなる 遊駒スカ太郎
プロ将棋の「わからない」 古田靖
二〇〇九年度順位戦食事別勝敗統計. 個別メニュー編 将棋ペンクラブログ
二歩の罪 青野照市
人間が人間と戦う将棋の面白さ 梅田望夫
先崎流将棋必勝法 先崎学
八月一日〈日曜日〉晴 山田道美
十年後の将棋世界 将棋観戦
名人・木村義雄 宮本弓彦
塚田名人のポカ 内藤國雄
大山名人と棋譜ノート 越智信義
女流棋士独立について 片上大輔
妻から見た棋士 信濃桂
将棋博士 河口俊彦
就位式の敗者 田辺忠幸
待ったの巻 奥山紅樹
忘れ得ぬ人、思い出の人 芹沢博文
愛棋家・菊池寛 倉島竹二郎
戦法に名を刻んだ男立石勝己 小暮克洋
棋聖戦の思い出 福本和生
森安が死んだ 中平邦彦
江分利満氏との対局 高橋呉郎
狂気の近くに shogitygoo
現代将棋と過去の大棋士 渡辺明
知られざるドラマ 真部一男
東公平
第五八期棋聖戦第五局前夜祭 国枝久美子
緊急反論 桐谷広人
聖性 中平邦彦
芸の余韻 鈴木輝彦
血涙十番勝負 山口 瞳
観戦記に新味を出す 倉島竹二郎
記者は行く記者は行く 能智映
読む将棋 高木彬光
追悼団鬼六 行方尚史
頭の中を翻訳する 先崎学
黙々と指し続ける老棋士 天狗太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想