霞が関「解体」戦争

猪瀬直樹 著

官僚との激戦が展開された地方分権改革推進委員会(2007.4〜2010.3)。その第一次勧告までの議事録を公開・解説し、省益や既得権を守ろうとする「官の論理」「空虚な答弁」を浮き彫りにする。国の縦割り行政によるさまざまな無駄や弊害を指摘し、出先機関の廃止やハローワークの地方移管など具体策も提示。2009年以降の経過の解説や、地方分権改革をめぐる橋下徹大阪府知事との対論を収録した増補版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不滅のなわばり争い(六十年変わらぬ出先機関のなわばり
  • 羽田空港のカラクリ ほか)
  • 第2章 こんなルールはもういらない(官の「基準」に根拠はあるのか
  • なぜ保育所を増やせないのか ほか)
  • 第3章 こんな組織はもういらない(地方事務所は何のためにあるのか
  • 税金でつくった「釣り堀」-港湾整備の不合理 ほか)
  • 第4章 「国にしかできない」なんて大嘘だ(一級河川はモグラの穴まで調べろ!?
  • 天下り団体が独占する検査 ほか)
  • 第5章 税金無駄遣いシステムを見逃すな(大災害をダシにハコモノづくり
  • 雇用・能力開発機構という怪物 ほか)
  • 文庫版のための補遺(逆転劇による出先機関三万五千人の削減提案
  • 「まぎれ込んだ二行」にみる霞が関文学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霞が関「解体」戦争
著作者等 猪瀬 直樹
書名ヨミ カスミガセキ カイタイ センソウ
書名別名 Kasumigaseki kaitai senso
シリーズ名 ちくま文庫 い70-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.2
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42796-0
NCID BB04929582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想