誰も書かなかった日本医師会

水野肇 著

戦後の医療行政に深く携わってきた日本医師会。四半世紀の長きにわたり会長を務め、強烈なリーダーシップを発揮した「ケンカ太郎」こと武見太郎氏をはじめ、歴代会長らへの丹念な取材を40年以上重ねてきた著者が、この「日本最強の圧力団体」の深層をえぐり出す。同時に本書は、転換期を迎えた現行の医療制度の歴史をたどり、その行く末を占うものでもある。戦後の医療制度年表を巻末に掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本医師会の五〇年
  • 第1章 戦後医療行政のはじまり-武見太郎時代の幕開けへ
  • 第2章 反官僚・反自民-武見政権の樹立と安定
  • 第3章 欲張り村の村長たち-武見太郎の奮闘
  • 第4章 医師優遇税制撤廃-武見時代の終わり
  • 第5章 医療費亡国論-花岡堅而会長時代(1982〜83)
  • 第6章 老齢医療の問題-羽田春兔会長時代(1984〜91)
  • 第7章 「家庭医」構想をめぐって-村瀬敏郎会長時代(1992〜95)
  • 第8章 医療のグランドデザインへ-坪井栄孝会長時代(1996〜2004)
  • 第9章 新しいリーダーシップの台頭
  • エピローグ 日本医師会の二十一世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も書かなかった日本医師会
著作者等 水野 肇
書名ヨミ ダレ モ カカナカッタ ニホン イシカイ
書名別名 Dare mo kakanakatta nihon ishikai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.12
ページ数 279, 31p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42495-2
NCID BA88271786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21552635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想