徒然草・方丈記

大伴茫人 編

日本古典を読みはじめたい、もう一度読みなおしたい、と思う読者のための古典入門書。鎌倉時代から南北朝期にかけて書かれた二大随筆『徒然草』と『方丈記』。この現代人にとって最もなじみが深い二作品を、それぞれ現代語訳→原文→語釈の流れで初学者でも無理なく理解できるようきめ細やかな手引きをする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 徒然草(つれづれなるままに-序段
  • この世で願わしいこと-第一段
  • 簡素をよしとす-第二段
  • 色好みのあり方-第三段 ほか)
  • 方丈記(序文
  • 安元の大火
  • 治承の辻風
  • 福原遷都 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徒然草・方丈記
著作者等 大伴 茫人
書名ヨミ ツレズレグサ ホウジョウキ
シリーズ名 徒然草
方丈記
日本古典は面白い
ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.7
ページ数 365p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42348-1
NCID BA82484241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21274345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想