この国で女であるということ

島崎今日子 著

インタビューの技は業界一と定評のある著者が『アエラ』の"現代の肖像"で掘り下げて聞いた傑作選20人。両親・友人・恩師・夫・仕事仲間などにも綿密な周辺取材を行うため、記事を読んでから一週間は連絡がなくなり、その後、お礼の電話がかかってくるという、伝説のインタビュー。中島みゆき・重信メイ(重信房子の娘)・たかの友梨・山本文緒-単行本未収録の4人を加えた、まっすぐに本質に届く、鮮やかな女の肖像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 欲望(桃井かおり・女優-「女優の宿命」から脱却する力
  • 北川悦吏子・脚本家-視聴率って潔いから好き ほか)
  • 表現(白石加代子・女優-「出雲の阿国」新たなる神話の始まり
  • 中島みゆき・シンガーソングライター-孤高の歌姫の「地上の星」 ほか)
  • 母の娘・父の娘(田岡由伎・カウンセラー-「山口組三代目の娘」自立への闘い
  • 山本文緒・作家-あの母がいたから ほか)
  • 闘い(辛淑玉・人材育成コンサルタント-闘う女は強く優しい
  • 山本容子・版画家-美神の闘い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国で女であるということ
著作者等 島崎 今日子
島崎 恭子
書名ヨミ コノ クニ デ オンナ デ アル ト ユウ コト
書名別名 Kono kuni de onna de aru to yu koto
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.11
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 448042282X
NCID BA79174290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21158910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想