東條英機と天皇の時代

保阪正康 著

東條英機とは何者だったのか。感情的な断罪や讃美を排し、綿密な資料調査と徹底的な取材を通して、なぜ軍人が総理大臣となり、戦争へと突き進んでいったのかを明らかにする。幼少期から軍人の道を歩み始め、やがて戦争指導者となり、敗戦、東京裁判へといたる過程と、その人物像をさぐることで、近代日本の実像へとせまる。あの戦争を歴史として、冷静かつ正確に認識するためにも必読の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 史実なる信奉者(父親の遺産
  • 軍人としての自立 ほか)
  • 第2章 落魄、そして昇龍(実践者の呪い
  • 透視力なき集団 ほか)
  • 第3章 敗北の軌跡(戦いの始まり
  • 快進撃から停滞へ ほか)
  • 第4章 洗脳された服役者(承詔必謹
  • 「戦争全責任ノ前ニ立ツコト」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東條英機と天皇の時代
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ トウジョウ ヒデキ ト テンノウ ノ ジダイ
書名別名 Tojo hideki to tenno no jidai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.11
ページ数 699p
大きさ 15cm
ISBN 4480421637
NCID BA74185187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20981539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想