敗戦後論

加藤典洋 著

「戦後」とは何か?敗戦国が背負わなければならなかった「ねじれ」た国のあり方から、われわれはどのような可能性を受けとるべきなのか?自国の戦死者300万への弔いが先か、被侵略国の犠牲者2000万への謝罪が先か。発表後、大きな反響を巻き起こしたラディカルな議論の原点が、戦後60年経ったいま、ここに、文庫で蘇る。「靖国」問題や「政治と文学」について考えるための、この先の指針となる基本書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敗戦後論(戦後の起源
  • ねじれと隠蔽
  • 分裂の諸相 ほか)
  • 戦後後論(太宰治と戦後
  • 文学とは何か
  • 戦後以後)語り口の問題(ハンナ・アーレント
  • 素描-戦後の歪み
  • 『イェルサレムのアイヒマン』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗戦後論
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ ハイセンゴ ロン
書名別名 Haisengo ron
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.12
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 4480421564
NCID BA74683989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想