倒壊 : 大震災で住宅ローンはどうなったか

島本慈子 著

住宅ローンの制度ができてから、初めて大都市圏を襲った地震から十年。新しい情報を加えて、この国の住宅政策の現状を撃つ。建替?補修?自己破産?ダブルローン?被災地の人々にはどんな選択があったのか。「解体」には全額補助、「補修」にはゼロ、その裏に働いていた思惑とは?戦後の旧耐震基準の建物は壊れたが、戦前の建物は無事だった。-そして十年後の住宅政策の大転換とは?いま、明らかになるこの国の驚くべき実態。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 20秒の反転
  • 国はそのとき何をしたか
  • 被害の実態
  • 二つの自己破産
  • もう一つの選択
  • 補修か、解体か
  • 「マンション建て替え」をめぐって
  • 地震とバブルと
  • 保険ははたして有効か
  • 品質の座標-弱い地盤と欠陥住宅
  • 住宅政策を問い直す
  • ゲーム・オーバーにはさせない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倒壊 : 大震災で住宅ローンはどうなったか
著作者等 島本 慈子
書名ヨミ トウカイ : ダイシンサイ デ ジュウタク ローン ワ ドウナッタカ
書名別名 Tokai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.1
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 4480420444
NCID BA70497392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20739269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想