敗戦後論

加藤典洋 著

戦後の日本人は、なぜ先の大戦の死者をうまく弔えないのか。なにゆえ今も、アジアへの謝罪をきちんと済ませられないのか。なぜ私たちは、占領軍に押しつけられた憲法を「よい憲法」だと感じるのか。このような敗戦の「ねじれ」の前に、いま、立ちどまろう。そうでなければけっしてその先には行けない-。新しい大戦の死者の弔い方、憲法の「選び直し」など、ラディカルな問題提起により大論争を巻き起こした本書は、そこでの警告がことごとく現実となったいま、喫緊の戦後問題を考える上で不可欠の一冊となった。内田樹・伊東祐吏の両氏による充実の解説2本を付し、ここに再刊する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敗戦後論(戦後の起源
  • ねじれと隠蔽
  • 分裂の諸相
  • よごれ-大岡昇平を想起する)
  • 戦後後論(太宰治と戦後
  • 文学とは何か
  • 戦後以後)
  • 語り口の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗戦後論
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ ハイセンゴロン
書名別名 Haisengoron
シリーズ名 ちくま学芸文庫 カ38-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.7
版表示 再刊
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09682-1
NCID BB19074772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22622140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想