言葉と戦車を見すえて : 加藤周一が考えつづけてきたこと

加藤周一 著 ; 小森陽一, 成田龍一 編

「プラハの春」を弾圧するためにソ連軍戦車がチェコの首都に侵入した1968年の事件についての鮮やかな論評「言葉と戦車」を中心に、1946年の「天皇制を論ず」から2005年の「60年前東京の夜」まで、著者が何を考えつづけてきたかを俯瞰できる27の論稿群を集成。たんなる学究の徒の貌ではなく、現実の政治と社会に対する透徹した思考と強靱な思想が屹立する。全篇発表時の初出より収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天皇制を論ず
  • 逃避的文学を去れ
  • 知識人の任務
  • 日本文化の雑種性
  • 雑種的日本文化の課題
  • 天皇制と日本人の意識
  • 西欧の知識人と日本の知識人
  • 戦争と知識人
  • 日本の新聞
  • 安保条約と知識人
  • 言葉と戦車
  • ベトナム 戦争と平和
  • わが思索わが風土
  • 危機の言語学的解決について
  • 軍国主義反対再び
  • 遠くて近きもの・地獄
  • 教科書検閲の病理
  • 『加藤道夫全集1』読後
  • 「過去の克服」覚書
  • 再説九条
  • 戦後五十年決議
  • 原爆五十年
  • 「心ならずも」心理について
  • サラエヴォと南京
  • また9条
  • 60年前の夜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉と戦車を見すえて : 加藤周一が考えつづけてきたこと
著作者等 加藤 周一
小森 陽一
成田 竜一
書名ヨミ コトバ ト センシャ オ ミスエテ : カトウ シュウイチ ガ カンガエツズケテキタ コト
書名別名 Kotoba to sensha o misuete
シリーズ名 ちくま学芸文庫 カ13-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.8
ページ数 437p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09238-0
NCID BA91072609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21657768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想