熱学思想の史的展開 : 熱とエントロピー  3

山本義隆 著

「エントロピー」の誕生は難産だった。熱の動力をめぐるカルノー以来の苦闘をへて、熱力学はやがて第1法則と第2法則を確立し、ついにエントロピー概念に到達する。マクロな自然の秘密を明るみに出したそのエントロピーとは何か。「エネルギーの散逸」とのみ捉えられがちな誤謬を正しつつ議論は進む。第3巻は熱力学の完成とその新たな展開。マクスウェル、トムソンらの寄与とクラウジウスの卓抜な総合化、さらにギブズの化学平衡論により制約因子としてのエントロピーの本性が明らかとなってゆく。論文・書簡を含む多くの原典を博捜して成った壮大な熱学史。格好の熱力学入門篇。全3巻完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5部 熱力学の原理の提唱(熱の普遍性の原理 熱力学第1法則の確立-クラウジウスの50年論文(その1)
  • 熱の特殊性の原理 熱力学第2法則の提唱-クラウジウスの50年論文(その2)
  • カルノー関数と絶対温度をめぐって-ウィリアム・トムソンの問題意識
  • ジュール‐トムソン効果と絶対温度の定義-トムソン:1852‐54年
  • 熱力学第2法則の数学的表現-トムソンとクラウジウス:1854年)
  • 第6部 エネルギーとエントロピー(第2法則からエントロピーへ-クラウジウスの模索
  • 熱力学の体系化にむけて-利用可能なエネルギーと平衡条件
  • 自由エネルギーと熱学の体系-ヨシア・ウィラード・ギブズ
  • ネルンストの定理と熱力学第3法則-ネルンストとプランク
  • 熱学と熱的地球像-熱学が意図してきたもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱学思想の史的展開 : 熱とエントロピー
著作者等 山本 義隆
書名ヨミ ネツガク シソウ ノ シテキ テンカイ : ネツ ト エントロピー
書名別名 Netsugaku shiso no shiteki tenkai
シリーズ名 Math & science ヤ18-3
ちくま学芸文庫 ヤ18-3
巻冊次 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.2
ページ数 414p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09183-3
NCID BA88277895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21562041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想