力学・場の理論

L.D.ランダウ, E.M.リフシッツ 著 ; 水戸巌, 恒藤敏彦, 廣重徹 訳

専門に進むまでの基礎課程で使える、簡潔で美しく、現代物理学をも射程に入れた教科書ができないか。それがランダウとリフシッツの新たな「小教程」構想だった。大成功を収めた百科事典ほどの「理論物理学教程"大教程"」から本書へ抽出したのは、力学と電磁気学である。第1部力学は最小作用の原理に始まり、第2部電磁気学も場の理論に始まる。学習者は一気に、経験したことのない目くるめく高みから、現代物理学に通底する概念の眺望を得ることになる。そこからは、量子力学も至近の距離に見えるだろう。よみがえった幻の名著。"大教程"の入門篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 力学(運動方程式
  • 保存法則
  • 運動方程式の積分
  • 粒子の衝突
  • 微小振動
  • 剛体の運動
  • 正準方程式
  • 相対性原理
  • 相対論的力学)
  • 第2部 電磁気学(場のなかの電荷
  • 場の方程式
  • 不変な電磁場
  • 電磁波
  • 電磁波の放射)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力学・場の理論
著作者等 Landau, Lev Davidovich
Lifshits, Evgeniĭ Mikhaĭlovich
Lifshit︠s︡, E. M.
広重 徹
恒藤 敏彦
水戸 巌
Landau L.D.
Lifshitz E.M.
リフシッツ E.M.
廣重 徹
ランダウ L.D.
書名ヨミ リキガク バ ノ リロン : ランダウ = リフシッツ ブツリガク ショウキョウテイ
書名別名 Механика・Электродинамика

ランダウ=リフシッツ物理学小教程

Rikigaku ba no riron
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.3
ページ数 430p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09111-6
NCID BA8525434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想