マッハ力学史 : 古典力学の発展と批判  上

エルンスト・マッハ 著 ; 岩野秀明 訳

古典力学はどこまで科学的か?ニュートン力学における絶対時間・絶対空間は認められるものか?マッハの根源的検証は、疑いようもないと見なされていたニュートン力学の批判であると同時に、感覚の分析を通して考察された反形而上学的認識論でもあった。物理学と心理・生理学を往き来しながら、マッハの思想は大きなうねりとなり、アインシュタインの相対論に道を拓き、ヴィトゲンシュタイン、ゲーデルなど後世の哲学者に影響を及ぼした。そのマッハ畢生の大著を哲学的記述に忠実に翻訳。上巻は「静力学の原理の発展」「動力学の原理の発展」までを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 静力学の原理の発展(梃子の原理
  • 斜面の原理
  • 力の合成の原理
  • 仮想変位の原理 ほか)
  • 第2章 動力学の原理の発展(ガリレイの業績
  • ホイヘンスの業績
  • ニュートンの業績
  • 反作用原理の詳論と直観化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マッハ力学史 : 古典力学の発展と批判
著作者等 Mach, Ernst
岩野 秀明
マッハ エルンスト
書名ヨミ マッハ リキガクシ : コテン リキガク ノ ハッテン ト ヒハン
書名別名 Die Mechanik in ihrer Entwicklung historisch-kritisch dargestellt. (9.Aufl.)

Mahha rikigakushi
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.12
ページ数 426p
大きさ 15cm
ISBN 4480090231
NCID BA79552401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21168474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想