あいだ

木村敏 著

自己が生命の根拠に支えられて世界と出会う行為的原理である「あいだ」。その構造を、ゲシュタルトクライス理論に拠りつつ、ノエマ・ノエシスの円環的関係を西田哲学の「行為的直観」と関連づけて、多面的に解き明かす。自己が主体として生きるということは、生命一般の根拠の「おのずから」の動きにかかわると同時に、間主体的な世界を維持することではないか。ユクスキュル、ブーバー、レヴィナスらへの言及を通じて自他の関係を考察し、ダブル・バインド仮説の可能性を改めて問う。独自の学問的地平を切り拓いた著者の世界をわかりやすく示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生命の根拠への関わり
  • 主体と転機
  • 音楽のノエシス面とノエマ面
  • 合奏の構造
  • 間主体性とメタノエシス性
  • 主体の二重性
  • 共通感覚と構想力
  • 「あいだ」の時間性:アレクシシミアと構想力
  • 「あいだ」の生理学から対人関係論へ
  • 我と汝の「あいだ」
  • もしもわたしがそこにいるならば
  • 絶対的他者の未知性
  • こと・ことば・あいだ
  • 「あいだ」の病理としての分裂病
  • ダブル・バインド再考
  • 「みずから」と「おのずから」
  • 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あいだ
著作者等 木村 敏
書名ヨミ アイダ
書名別名 Aida
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.9
ページ数 218p
大きさ 15cm
ISBN 4480089349
NCID BA73430718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20887050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想