わが世界観

エルヴィン・シュレーディンガー 著 ; 橋本芳契 監修 ; 中村量空, 早川博信, 橋本契 訳

量子論の基礎を築き、分子生物学への道を拓いた、20世紀の天才理論物理学者シュレーディンガー。その科学的見地は、根底の部分で、ウパニシャッド哲学などの影響を受けた独自の思索に支えられていた。なぜ、自分が感じること考えることには、別の人間と共通する部分があるのか-。人間の言葉や記憶や意識の発生過程を通して、彼は論じていく。個々の自我を形成している意識は、世界のすべてを包含する普遍的なものと一つに繋がっているのだ、と。哲学的思想を綴った「わが世界観」に、死の直前に記された「自伝」を併録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シュレーディンガー自伝
  • わが世界観(道を求めて(形而上学一般について
  • 好ましからざるバランス・シート
  • 哲学的驚嘆 ほか)
  • 現実とはなにか(思惟と存在、あるいは精神と物質との二元論を放棄する理由
  • われわれは、言語上の了解によってのみ、共有する世界を知る
  • 了解の不完全性について ほか))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが世界観
著作者等 Schrödinger, Erwin
中村 量空
早川 博信
橋本 契
橋本 芳契
Schr¨odinger Erwin
シュレーディンガー エルヴィン
書名ヨミ ワガ セカイカン
書名別名 Mein Leben,meine Weltansicht

Waga sekaikan
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.4
ページ数 267p
大きさ 15cm
ISBN 4480086897
NCID BA56496593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想