永遠の歴史

J.L.ボルヘス 著 ; 土岐恒二 訳

時と永遠、比喩と象徴、主題と変奏、それは「原型とその反映」であり、また「一と多」でもある。永遠、象徴、主題は原型であり、一である。時と比喩と変奏は原型の反映であり、一の多様な形象である。永遠に対する時間の世界、一語に対する多語の世界を探求し造形することこそが、人間的な営為の本源にほかならない。20世紀の世界文学に屹立する鬼才ボルヘスの文学・思想の根源を示す、珠玉の哲学的エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 永遠の歴史
  • ケニング
  • 隠喩
  • 循環説
  • 円環的時間
  • 『千夜一夜』の翻訳者たち
  • 覚え書二篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の歴史
著作者等 Borges, Jorge Luis
土岐 恒二
ボルヘス ホルヘ・ルイス
書名ヨミ エイエン ノ レキシ
書名別名 Historia de la eternidad

Eien no rekishi
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.3
ページ数 212p
大きさ 15cm
ISBN 4480086250
NCID BA5100025X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想