戦争がつくる女性像

若桑みどり 著

第二次大戦中、日本の軍部は戦時体制の中で女性をどのように位置づけていたのだろうか。またその役割へと女性たちを動員するために、国家・メディアはどのようなプロパガンダを展開したか。本書は、戦時下において160万部の発行部数を誇った「主婦之友」をはじめとする婦人雑誌の表紙や口絵の絵画作品を徹底的に検証し、「戦時文化」のイメージが女性をどのように戦争へ誘導していったかを解き明かす。もの言わぬ「母」たちの体験した大戦はどのようなものであったのか、新たな戦争史の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 前提 戦争・女性・イメージ(戦争システムと家父長制
  • 性的二元論にもとづくイメージ・ステレオタイプ「戦う兵士」と「産む母」)
  • 第1章 日本の戦時体制と女性の役割(戦時下の母性政策
  • 非戦闘員としての女性が戦時に担う一般的役割
  • チアリーダー「戦争援護」集団としての女性の動員)
  • 第2章 戦時下の婦人雑誌にみる女性イメージ(一般戦争画と婦人雑誌の挿絵との差異について
  • いくつかの国策婦人雑誌の記事と視覚ページの特質
  • 「主婦之友」の記事の特質とそのイメージ
  • まとめ 象徴としての女性像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争がつくる女性像
著作者等 若桑 みどり
書名ヨミ センソウ ガ ツクル ジョセイゾウ
書名別名 Senso ga tsukuru joseizo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.1
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 4480085378
NCID BA44822066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想