ニッポン日記

マーク・ゲイン 著 ; 井本威夫 訳

1945(昭和20)年12月、米軍厚木基地に降りたってから二年間、焦土と化した首都を中心に、貧困にあえぐ地方の村落までを歩いて、占領下日本の実態を冷徹にみつめ、鋭く分析した稀有な記録。B級戦犯裁判、天皇の人間宣言、新憲法発布、食糧メーデー、そしてGHQ内部の対立…。混乱と荒廃から新生の道を歩もうとする戦後日本の姿をなまなましく描いたベストセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 期待の時期
  • 第2章 実施の時期
  • 第3章 決済の時期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポン日記
著作者等 Gayn, Mark
井本 威夫
ゲイン マーク
書名ヨミ ニッポン ニッキ
書名別名 Japan diary

Nippon nikki
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.7
ページ数 589p
大きさ 15cm
ISBN 4480084282
NCID BA37031526
BN03630747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想