東京の空間人類学

陣内秀信 著

東京、このふしぎな都市空間を深層から探り、明快に解読した、都市学の定番本。著者と紙上の探訪をするうちに、基層の地形が甦り、水都のコスモロジー、江戸の記憶が呼びおこされ、都市造形の有機的な体系が見事に浮かびあがる。日本の都市を読む文法書としても必読。サントリー学芸賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「山の手」の表層と深層
  • 2 「水の都」のコスモロジー
  • 3 近代都市のレトリック
  • 4 モダニズムの都市造形

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東京の空間人類学
  • 目次
  • I 「山の手」の表層と深層
  • 都市の読み方 / 17
  • 地形・道・土地利用 / 22
  • 場所の論理 / 30
  • キーワードとしての<敷地> / 35
  • 大名屋敷 / 39
  • 旗本屋敷 / 62
  • 組屋敷 / 72
  • 谷間の町人地 / 90
  • おわりに / 94
  • II 「水の都」のコスモロジー
  • はじめに / 99
  • 江戸の水系 / 103
  • 掘割の流通機能 / 108
  • 河岸と市 / 116
  • 水辺の名所 / 121
  • 広小路の盛り場 / 130
  • 都市の演劇空間 / 135
  • 隅田川の水辺空間 / 146
  • 近代の水辺空間 / 155
  • III 近代都市のレトリック
  • はじめに / 171
  • 都市のスケール感 / 172
  • ネオ路地としての地下街 / 185
  • スカイラインと塔状建築 / 189
  • 交差点と角地型建築 / 207
  • 「屋敷構え」をもつ公共建築 / 224
  • IV モダニズムの都市造形
  • 序--都市の時代 / 243
  • 水の都・東京 / 246
  • 街角の広場 / 265
  • 駅前広場の登場 / 272
  • 社会センターとしての小公園 / 275
  • 都市型のアパートメント・ハウス / 285
  • 結--再び都市の時代へ / 296
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東京の空間人類学
著作者等 陣内 秀信
書名ヨミ トウキョウ ノ クウカン ジンルイガク
書名別名 Tokyo no kukan jinruigaku
出版元 筑摩書房
刊行年月 1985.4
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 4480080252
NCID BN00093357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85045504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想