日本文化の論点

宇野常寛 著

情報化の進行は、二〇世紀的な旧来の文化論を過去のものにした-。本書は情報化と日本的想像力の生む「新たな人間像」を紐解きながら、日本の今とこれからを描きだす。私たちは今、何を欲望し、何に魅せられ、何を想像/創造しているのか。私たちの文化と社会はこれからどこへ向かうのか。ポップカルチャーの分析から、人間と情報、人間と記号、そして人間と社会との新しい関係を説く、渾身の現代文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "夜の世界"から"昼の世界"へ
  • 論点1 クール・ジャパノロジーの二段階論-集合知と日本的想像力
  • 論点2 地理と文化のあたらしい関係-東京とインターネット
  • 論点3 音楽消費とコンテンツの「価値」
  • 論点4 情報化とテキスト・コミュニケーションのゆくえ
  • 論点5 ファンタジーの作用する場所
  • 論点6 日本文化最大の論点
  • 終章 "夜の世界"から"昼の世界"を変えていくために
  • 付録 『日本文化の論点』を読むキーワード

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化の論点
著作者等 宇野 常寛
書名ヨミ ニホン ブンカ ノ ロンテン
書名別名 Nihon bunka no ronten
シリーズ名 ちくま新書 1001
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.3
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06713-5
NCID BB11912976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22229866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想