生権力の思想 : 事件から読み解く現代社会の転換

大澤真幸 著

死を迫る権力から、生かすための権力へ-これこそ近代への転換であった。そして規格化された従順な身体を規律と訓練によって創り出してきた近代の権力は今や「管理型権力」という新たな形式へと転換しつつある。身体の扱いはどのように移り変わってきたのか。そして現代の我々の生を取り巻く不可視の権力のメカニズムはいかなるものなのか。ユダヤ人虐殺やオウム、宮崎勤事件などの様々な事例と、フーコーらの権力分析を交差させ、社会を根底で動かすものの正体を暴き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生権力と「法の門」
  • 第2章 身体の現在
  • 第3章 零度の身体
  • 第4章 ファシズムの身体
  • 第5章 管理型権力
  • 第6章 女門番の正体
  • 補論 パレーシアとその裏側

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生権力の思想 : 事件から読み解く現代社会の転換
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ セイケンリョク ノ シソウ : ジケン カラ ヨミトク ゲンダイ シャカイ ノ テンカン
書名別名 Seikenryoku no shiso
シリーズ名 ちくま新書 1000
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.2
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06709-8
NCID BB11612145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22220115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想