「分かりやすさ」の罠 : アイロニカルな批評宣言

仲正昌樹 著

「分かりやすさ」という名の思考停止が蔓延している。知識人ですら、敵か味方かで「世界」を線引きする二項対立図式にハマり込んでいる。悪くすると、お互い対立する中で「敵」の思考法が分かるようになり、「敵」に似てきてしまう。こうした硬直した状況を捉え直す上で、アイロニカルな思考は役に立つ。アイロニーは、敵/味方で対峙する。"前線"から距離を置き、そこに潜む非合理な思い込みを明らかにする。本書はソクラテスやドイツ・ロマン派、デリダなどアイロニカルな思考の系譜を取り出し、「批評」の可能性を探る刺激的な一書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 カンタン系化するニッポンの思想
  • 第1章 「二項対立」とは何か?
  • 第2章 哲学に潜む「二項対立」の罠
  • 第3章 ドイツ・ロマン派の批評理論
  • 第4章 「アイロニー」をめぐるアイロニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「分かりやすさ」の罠 : アイロニカルな批評宣言
著作者等 仲正 昌樹
書名ヨミ ワカリヤスサ ノ ワナ : アイロニカルナ ヒヒョウ センゲン
書名別名 Wakariyasusa no wana
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.5
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4480063021
NCID BA76695107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21053026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想