天才はなぜ生まれるか

正高信男 著

日本人にとって「個性的な=独創性を備えた人間」を育てるという目標は、半ばトラウマのようについてまわる事柄である。では、その個性を彩っている独創性は、どのように形作られるのだろうか。ここで厄介なのは、それが、ある能力の欠如による結果として生み出される場合が多いということである。歴史に大きな足跡を残した六人の個性的な生涯をたどりながら、様々な障害が逆に独創性を形成していく意外なプロセスを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 うわの空のエジソン
  • 第2章 癇癪持ちのアインシュタイン
  • 第3章 外国語のできないレオナルド
  • 第4章 古典嫌いのアンデルセン
  • 第5章 付き合いべたなベル
  • 第6章 落ち着きのないディズニー
  • 第7章 知的障害はなぜ進化したか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天才はなぜ生まれるか
著作者等 正高 信男
書名ヨミ テンサイ ワ ナゼ ウマレルカ
書名別名 Tensai wa naze umareruka
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.4
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4480061665
NCID BA66559791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20590569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想