「不自由」論 : 「何でも自己決定」の限界

仲正昌樹 著

グローバル化の進展につれて、何かにつけて「自己決定」が求められるようになってきた。その背景には、人間は「自由な主体」であるという考え方がある。しかし人間は、すべてを「主体的」に決められるわけではない。実際、「自由な主体」同士の合意によって社会がつくられるという西欧近代の考えは、ほころび始めてきた。こうした「ポスト・モダン」状況にあって我々は、どう振る舞えばいいのか?そもそも「自由な主体」という人間観は、どう形成されたのか?こうした問いを深く追究した本書は、近代社会の前提を根底から問い直す、新しい思想の試みだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「人間は自由だ」という虚構(現代思想における「人間」
  • よき人間と悪しき人間 ほか)
  • 第2章 こうして人間は作られた(人間的コミュニケーションの習得
  • コミュニケーションの「普遍性」と「特殊性」 ほか)
  • 第3章 教育の「自由」の不自由(「人間性」教育としての「生きる力」論
  • 「ゆとり」から「主体性」は生まれるか? ほか)
  • 第4章 「気短な人間」はやめよう(主流派としての「リベラリズム」
  • 挟撃される普遍主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「不自由」論 : 「何でも自己決定」の限界
著作者等 仲正 昌樹
書名ヨミ フジユウ ロン : ナンデモ ジコ ケッテイ ノ ゲンカイ
書名別名 Fujiyu ron
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.9
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4480061320
NCID BA63470498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20488660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想