若者はなぜ「決められない」か

長山靖生 著

八〇年代以降、フリーターの数は増え続け、今や就業人口のなかで無視できない存在となった。日本の近代史をふり返れば、たとえば「高等遊民」という現象のように、「決められない若者たち」は過去にも存在した。けれども現代のフリーターは、先進国のなかでも特殊な今日的現象である。なぜこうした現象が生じたのだろうか?自らも「オタク」として職業選択に際し違和感を抱いた著者が、労働(仕事)観を切り口に、「決められない」若者たちの気分を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フリーターに対する社会の困惑
  • 第2章 フリーターは告発する
  • 第3章 決められない若者
  • 第4章 決めつける若者
  • 第5章 勤労を尊敬しない伝統
  • 第6章 一億総サラリーマン社会としての戦後
  • 第7章 フリーターへのささやかな提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若者はなぜ「決められない」か
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ ワカモノ ワ ナゼ キメラレナイカ
書名別名 Wakamono wa naze kimerarenaika
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.9
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4480061290
NCID BA63468190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20488584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想