江戸浮世絵を読む

小林忠 著

急速に発展していく新興の大都市・江戸。浮世絵はその自由な気風の中で、庶民の娯楽として生み出された。やがて、豪商や大名にいたるまで、あらゆる階層の人々に楽しまれるようになってゆく。当世きってのメディアであり、最新流行を伝える刺激的な江戸土産であり、豪商の集まりを盛り上げる座興の具であり、時に借金で首の回らぬ大名からの金貸しへの下賜品ともなった浮世絵。それは、繁栄し爛熟した社会の経済・流通・生活、そして喜怒哀楽の縮図ともなっている。浮世絵で読む闊達な江戸の全姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浮世絵とは何か(不易よりも流行
  • 肉筆画よりも版画 ほか)
  • 第2章 誰のための浮世絵だったか(庶民にとっての浮世絵
  • 浮世絵好きの貴人たち ほか)
  • 第3章 浮世絵は何を描いたか(多様な主題
  • 古典の変奏 ほか)
  • 第4章 浮世絵はいかに表現されたか(版画制作のシステム
  • 肉筆画の工房制作 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸浮世絵を読む
著作者等 小林 忠
書名ヨミ エド ウキヨエ オ ヨム
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.4
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4480059431
NCID BA5655043X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想