世界を肯定する哲学

保坂和志 著

思考することは、ひたすら"問いかけ"をつづけることである。思考のプロセスに演算不能領域を組み入れ、思考することの限界を実感することで、逆説的に"世界"があることのリアリティが生まれる。風景や動物を文学的な比喩として作品に組み入れず、ただ即物的に描写する特異な作風の小説家によって、問いつづけられた「存在とは何か」。宇宙の外、サッカー・ロボット、カフカの視野、夢の中の生、十四歳の夏の朝の経験…等の具体的な事象から、小説家独自の思考プロセスを経て、存在することの核心に迫ってゆく。そして最終的に、意識や記憶が、"私"の側でなく"世界"の側にあることが描き出される、世界のための、世界の肯定のプログラム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • そもそも人間はこの宇宙に存在しなかったのではないか
  • 世界のモデルと視覚(俯瞰と自己像
  • 視覚イメージを持たない思考)
  • 「記憶の充足性」は思考によって浸食される
  • 「私」はすべて言語というシステムに回収されうるか
  • 「リアリティ」とそれに先立つもの
  • 私が存在することの自明性について
  • いまの言語(思考法)とそうでない言語(思考法)
  • 夢という、リアリティの源泉または"寸断された世界"の生
  • 記憶は"私"のアイデンティティを保証するか
  • "精神"が書物の産物だとしたらインターネットの中で"精神"は…
  • 生きる歓び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を肯定する哲学
著作者等 保坂 和志
書名ヨミ セカイ オ コウテイスル テツガク
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.2
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 4480058834
NCID BA50754222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想