戦後の思想空間

大澤真幸 著

いま戦後思想を問うことの意味はどこにあるのか。戦後民主主義を潮流とする戦後知識人の思想は、アメリカを中心とする世界システムのマージナルな部分として位置づけられた戦後空間のなかで醸成された。だが、70年代を転回点にして、アメリカの善意を自明の前提とした構造がもはやリアリティを失いはじめているのは明らかだ。西田幾多郎、田辺元の京都学派や和辻哲郎などによって唱導された戦前の「近代の超克」論を検証し、ポストモダンから「戦後・後」の思想へと転換する戦後の思想空間の変容を、資本の世界システムとの関連において鋭く読み解くスリリングな戦後思想論講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後思想の現在性(なぜ「戦後」を語るのか
  • 戦争と敗戦
  • 戦後知識人とアメリカ
  • 1970年代の転換点)
  • 第2章 「近代の超克」とポストモダン(脆弱な天皇
  • 資本主義とその挫折
  • 「近代の超克」論
  • 天皇制ファシズム)
  • 第3章 戦後・後の思想(記憶の不在
  • 戦後・後思想概観
  • 消費社会シニシズム
  • ガスについて
  • 自由の条件の探求に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後の思想空間
著作者等 大沢 真幸
書名ヨミ センゴ ノ シソウ クウカン
書名別名 Sengo no shiso kukan
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.7
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4480057668
NCID BA36907695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99026752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想