日本古典への招待 : 古典を楽しむ九つの方法

田中貴子 著

日本の古典文学がとっつきにくいのはなぜなのだろう?それは、国文学という学問の世界に閉じこめられているからだ。では、芸能や絵画や生活を楽しむのと同じように、説話や物語の世界の面白さを満喫する方法はないものだろうか?本書では、博物館でデートしたり、都大路の怪異スポットを探検しながら古典を楽しむ方法をお教えしよう。どんな遊びにも基本的なルールがある。一見ミーハーと呼ばれる態度に撤しつつも、いつのまにか王道を進むポップな日本古典案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 博物館でデート
  • 第2章 ミーハーと呼ばれてもいい
  • 第3章 おいしい古典
  • 第4章 自己流「大河ドラマ」を作ろう
  • 第5章 歴史小説とタネ本のあいだ
  • 第6章 ゴヒイキを作ろう
  • 第7章 京都怪異散歩
  • 第8章 『源氏物語』は誰が書いたのか?
  • 第9章 おたく的文章の楽しみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古典への招待 : 古典を楽しむ九つの方法
著作者等 田中 貴子
書名ヨミ ニホン コテン エノ ショウタイ
書名別名 Nihon koten eno shotai
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.11
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4480056904
NCID BN15450946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97050444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想