私の「戦争論」

吉本隆明, 田近伸和 著

戦争とは何なのだろう?国家と個人とはどちらが重い?「思想界の巨人」が素朴な疑問の一つ一つに、ていねいに答えるように解り易い言葉で語った「戦争論」の決定版!自己の戦争体験を冷静に語り、今日もなお繰り返される旧来の保守派と進歩派の不毛な論議を根本からくつがえす。「戦争自体がダメだ」「エゴイズムは肯定されるべき」等々、ラジカルかつ、明解な論理が展開される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小林よしのり『戦争論』を批判する
  • 第2章 「新しい歴史教科書をつくる会」を批判する
  • 第3章 保守派の「思想」を批判する
  • 第4章 私は「戦争」をこう体験した
  • 第5章 人類は「戦争」を克服できるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の「戦争論」
著作者等 吉本 隆明
田近 伸和
書名ヨミ ワタクシ ノ センソウロン
書名別名 Watakushi no sensoron
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.7
ページ数 249p
大きさ 15cm
ISBN 4480037462
NCID BA57667068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20316007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想