ココロとカラダを越えて : エロス・心・死・神秘

頼藤和寛 著

人間にとってもっとも根源的なテーマとはなにか。本書では、エロス・心(意識)・死・神秘(超越)といった四つのキーワードをもとに、われわれの思考を呪縛している文化の魔力から自由になることを提唱する。21世紀を目前にして不透明な様相を呈している今日、「心をどうとらえるか」「死と直面して生きるとは」など、軽妙なタッチでその深層を明らかにし、生きていく寄りどころを再考させられる「いのちの羅針盤」ともいえる書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エロス-色即是空の章(葛藤のセックス
  • おまんまとセックス ほか)
  • 第2章 心-直指人心の章(我々は心である
  • 心はたよりない ほか)
  • 第3章 死-涅槃寂静の章(九の箴言
  • 死者と生者 ほか)
  • 第4章 神秘-諸法無我の章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ココロとカラダを越えて : エロス・心・死・神秘
著作者等 頼藤 和寛
書名ヨミ ココロ ト カラダ オ コエテ : エロス ココロ シ シンピ
書名別名 Kokoro to karada o koete
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.4
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 4480034730
NCID BA41614222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99083131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想