夢見る頃を過ぎても : 中島梓の文芸時評

中島梓 著

文芸誌はいったい誰が読んでいるのだ!?みんなが思っていても口にしなかったことをズバズバと指摘する。吉本ばななはほんとうにすごいのか!?ダブル村上をどう読む!?1960年の文芸誌をひもとけば!?つぎからつぎへと舌鋒するどく斬り込む中島梓流無敵の文芸批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不思議の島のガリバー
  • ガリバーばななを読む
  • 欲望という名のファンタジー
  • 新人賞、今日はどこまでいったやら
  • 1960年のゲートボール
  • ムラカミは電気ヒツジの夢を見るか
  • 少女たちの見る夢は
  • 夢見る頃を過ぎても
  • 文学を殺したのはだあれ「わたしだわ」と大江健三郎がいった
  • 今日の世界は演劇によって再現されるか'94
  • ベストセラーの構造'94
  • 何処へ-時評のさいごに
  • リリパット島を遠く離れて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢見る頃を過ぎても : 中島梓の文芸時評
著作者等 中島 梓
書名ヨミ ユメミル コロ オ スギテモ : ナカジマ アズサ ノ ブンゲイ ジヒョウ
書名別名 Yumemiru koro o sugitemo
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.3
ページ数 267p
大きさ 15cm
ISBN 4480034714
NCID BA41206645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99080115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想