二つの戦後から

加藤典洋, 竹田青嗣 著

湾岸危機から戦争勃発、クーデタからソ連崩壊と事件の続いた1991年。戦争勃発はふたりの文芸評論家に極限的なかたちで問題を提示した。我々はどういう理由と動機で現実を批判することができるのか?戦争反対と絶対平和、ふたりの"村上"、ルールとモラル…など。"批評"という表現に言及した往復書簡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「70年代のラディカリズム」をめぐって
  • 文化の"理由"について
  • 戦争と、0.5グラム
  • 「生活の要求」と「義の要求」
  • 裏切るとは隊列を離れること、隊列を離れ…
  • 育てあげられる「可能性」へ
  • モラルについて
  • 「汝殺すなかれ」という戒律
  • 自由に、自分の欲望を追求すること
  • ピンクの砂と青い砂〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二つの戦後から
著作者等 加藤 典洋
竹田 青嗣
書名ヨミ フタツ ノ センゴ カラ
書名別名 世紀末のランニングパス

Futatsu no sengo kara
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.8
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 4480034072
NCID BA37373938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99025136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想