日本のゴミ

佐野眞一 著

廃車、古着、廃乾電池、古紙、建廃、残飯、ペットの死骸、そして核のゴミ。現代の消費社会が次々と生みだす膨大な量のゴミ。それらのモノたちが漂着する果てまでをたどり、消費活動の最末端から日本社会を逆照射する。ゴミ問題の最前線を知るための一冊であるとともに、世紀末ニッポンを裏側からえぐるもう一つの文明論でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自動車の終わり
  • 第2章 ファッションの終わり
  • 第3章 OAの終わり
  • 第4章 紙の終わり
  • 第5章 電池の終わり
  • 第6章 ビルの終わり
  • 第7章 水の終わり
  • 第8章 医療の終わり
  • 第9章 食の終わり
  • 第10章 器の終わり
  • 第11章 核の終わり
  • 第12章 生きものの終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のゴミ
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ ニホン ノ ゴミ
書名別名 Nihon no gomi
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.10
ページ数 408p
大きさ 15cm
ISBN 4480033297
NCID BA32906431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想