Googleの哲学

牧野武文 著

「グーグルグラス」や「グーグルドライバーレスカー」など、常に注目を集め、世界に影響を与え続ける企業・グーグル。その根底にある圧倒的すぎる考え方の謎を明らかに!・シンプルに「正しいこと」をし続ける・すべての「伝統的なやり方」を疑う。・「自分がほしいと思うもの」をつくる・悪事を働かなくてもお金は稼げる・「パイは無限大に大きくなっていく」と考える その考えや行動を、私たちは学ばなければならない-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界を変える働き方(具体性のあるミッションを掲げることからすべてが始まる
  • ミッションから新しいことを眺める ほか)
  • 第2章 他を圧倒する「グーグル式思考法」(世間の常識よりも自分の直感を信じる
  • あらゆることを徹底することで「違い」を生む ほか)
  • 第3章 「新しい価値」を生むイノベーション術(「業界のピンチ」を自社のチャンスにする
  • 市場は「探す」のではなく「創る」 ほか)
  • 第4章 グーグルはこうして世界に君臨し続けている(買える「発明」は買えばいい
  • 「死んでいる情報」を生き返られる ほか)
  • 第5章 グーグルがつくりだす「未来」(ゴールを決めずに「進化」を続ける
  • 「合理的」に地球を救う ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Googleの哲学
著作者等 牧野 武文
書名ヨミ グーグル ノ テツガク : セカイイチ センシンテキ ナ キギョウ ガ ヤッテ イル ヨンジュウ ノ コト
書名別名 世界一先進的な企業がやっている40のこと
シリーズ名 だいわ文庫 279-1G
出版元 大和書房
刊行年月 2014.8
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-479-30497-5
NCID BB16886920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22453586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想