黒田官兵衛と軍師たちの「意外」な真実

熊谷充晃 著

秀吉の天下統一を支えたといわれる黒田官兵衛。戦国の世に名軍師として辣腕をふるい、「天下を狙っていた」という説もあるが、これらはすべて創作上での話。じつは史実の官兵衛は秀吉から遠ざけられ、天下を狙っていた事実もなく、そもそも「軍師」でもなかった…。官兵衛をはじめ戦国軍師たちの真実がわかる、本当の歴史を知ることができる1冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 じつは秀吉から遠ざけられていた(家康よりもよっぽど危険視されていた-隠居を願い出て主君の警戒を解く
  • もとは信長の指示で秀吉についただけ-家臣ではなく部外協力者として仕えた ほか)
  • 第2章 全能な軍師というより優秀な君主だった(主君には謝れば済むが、家臣や領民は別と考えていた-家臣や領民のほうが強い立場にあった!
  • 筋をとおす義理堅さも持っていた-主君を見定める力量が確かだった ほか)
  • 第3章 名軍師も一番の悩みの種は人間関係だった(裏切ったことはないが、裏切られたことならある-吉川広家との「ギブ・アンド・テイク」
  • 人生最大の痛恨事!友を信じて馬鹿を見た-あまりにも大きかった一年間の幽閉 ほか)
  • 第4章 実際の戦国軍師像と官兵衛の戦歴(戦国時代には軍師という役職はなかった-それでも「軍師はいた」といえるワケ
  • 軍師のイメージは江戸時代以降につくられた-モデルは三国志の諸葛亮 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒田官兵衛と軍師たちの「意外」な真実
著作者等 熊谷 充晃
書名ヨミ クロダ カンベエ ト グンシタチ ノ イガイ ナ シンジツ
書名別名 Kuroda kanbe to gunshitachi no igai na shinjitsu
シリーズ名 だいわ文庫 269-1H
出版元 大和書房
刊行年月 2014.3
ページ数 207p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-479-30472-2
NCID BB16889849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想