自分は死なないと思っているヒトへ : 知の毒

養老孟司 著

世の中が進歩すればするほど、人間が愚かになっていくのはなぜか!?情報にふりまわされ、「時間」病にかかり、「知ること」の恐ろしさを顧みない…このままでは、どんなにかたい頭の日本人が増えていくことか!「生きている実感」を欠いた日本人であふれることか!カチンカチンの世界に生きる人間への痛烈な警告!ここに養老人間学の原点がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 愚かになる人間(「極楽」に生きる
  • 「世間」を出る)
  • 第2章 肥大する現在(「時間」病
  • 「知」の毒)
  • 第3章 カチンカチンの世界(「自分」知らず
  • 「生死」のブラックボックス)
  • 第4章 手入れの思想(「世界」の行きつくところ
  • 「日本人」の生き方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分は死なないと思っているヒトへ : 知の毒
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ジブン ワ シナナイ ト オモッテイル ヒト エ : チ ノ ドク
書名別名 Jibun wa shinanai to omotteiru hito e
シリーズ名 だいわ文庫
出版元 大和書房
刊行年月 2006.12
ページ数 257p
大きさ 16cm
ISBN 4479300627
NCID BA79749596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21157789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想